HOME > メンバー > 野口淳

野口淳

研究内容

cap_akashi

パキスタン・インドを中心に、南アジアとアラビア半島、および日本列島の旧石器時代を研究しています。近年は、パキスタン、オマーンなどでフィールド調査に従事しています。また石器や遺跡の3D計測と解析、データベースなども担当しています。

略歴

1990-1994 明治大学文学部
1994-1999 明治大学大学院文学研究科
1998-1999 明治大学文学部助手
1999-2001 国際日本文化研究センター講師
2003-2016 明治大学校地内遺跡調査団調査研究員
2016- 東京大学総合研究博物館学術支援専門職員

主な著作

  • 野口淳(2009)『武蔵野に残る旧石器人の足跡・砂川遺跡』、新泉社
  • 野口淳・安倍雅史編著(2015)『イスラームと文化財』、新泉社